【台湾コスプレ撮影スタジオ】サイバーパンク×レトロ!最高にかっこいい台北で人気の撮影スタジオ〜訪間.FoundeRoom〜

台湾コスプ撮影レスタジオ

研究室、工場、台湾路地とどれをとってもカッコいいスタジオ

ニッチな台湾情報を発信する本サイトで最もニッチなカテゴリーになる台湾コスプレでは、これまで台湾のコスプレイベントを紹介してきましたが、コスプレイヤーの方から台湾でコスプレ撮影ができるスタジオの情報を知りたいという問い合わせを多くいただき、需要がどれくらいあるかわかりませんが、早速超ニッチな企画「台湾コスプレ撮影スタジオ特集」を作ることにしました。

そんな新企画の第一弾は台北の数ある撮影スタジオの中でも独特の雰囲気とデザイン性を持ち、コスプレイヤーやインフルエンサーから人気がある撮影スタジオ訪間.FoundeRoomを紹介いたします。

訪間にはサイバーパンク風をベースデザインとした研究室、工場、台湾路地と3つの撮影セットがあり、どのスタジオもネオンとレトロ小物を多用し凝ったデザインになっています。

終末世界の研究室のようなセット 科幻紀元

台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ

終末世界の研究室をイメージさせる撮影セット科幻紀元(か ふぁん じぃ ゆぁん)は訪間で最も人気がある撮影セットです。
いくつもの配線を張り巡らせた部屋の中に実験室にありそうなイスとモニターが置かれており、いかにも怪しい研究や実験が行われてそうな雰囲気があります。

台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ

このセットは終末世界や近未来をテーマとしたコスプレに適しており、サイバーパンクやアーケインはもちろん、ペルソナシリーズや初音ミク、勝利の女神:NIKKEの撮影を行うコスプレイヤーもおります。

ハイテクバイオ工場風セット 機械化工場

台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ

2つ目のスタジオ機械化工場(中国語名:機械化工廠)はバイオハザードシリーズに出てきそうな工場をテーマとしたセットで、光る機械扉や生物実験に使われてそうなカプセルがあり、壁にはいくつもの配線やヒューズのようなものが設置されています。ちなみにこの扉の色は白だけではなく赤色にすることもできます。

台湾コスプ撮影レスタジオ

このセットではバイオハザードやアークナイツ、仮面ライダー、攻殻機動隊などの撮影を行うコスプレイヤーが多く利用するそうです。

昭和×近未来のような台湾路地風スタジオ 電都焼き豚

台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ
台湾コスプ撮影レスタジオ

電都焼き豚(中国語名:電都燒臘)と名付けられたセットは台湾の路地裏にある食堂を昭和レトロと近未来を合わせたような雰囲気で、昔香港にあった九龍のようであり、台中の千越大楼でもあり、現実と幻想の間に存在するパラレルワールドの世界のようなセットです。

台湾コスプ撮影レスタジオ

中華風のイメージが強いこのセットではナルトや銀魂だけでなく対魔忍アサギ、サクラ大戦の撮影を行うコスプレイヤーが多く利用するとのことです。

訪間.FoundeRoom情報

台湾コスプ撮影レスタジオ

訪間.FoundeRoomは新北市の板橋駅と府中駅の中間に位置しておりアクセスしやすい立地です。
訪間.FoundeRoomで撮影を行うためには事前に公式Facebookから予約を行う必要がありますが、とても人気があるスタジオで最低でも1ヶ月前から予約を入れておくことをお勧めいたします。

今回私たちはアーケインのコスプレで撮影を行いましたが、3つのセットそれぞれ特徴があり、様々なコスプレを撮影することができるセットなので是非コスプレイヤー自身で適したキャラクターを選び撮影してみてください。

訪間.FoundeRoom 住所新北市板橋区明德街21號
公式Facebookhttps://www.facebook.com/FoundeRoom21