【本気で台湾登山】3000m級の山なのに往復1時間?台湾で人気の合歡山攻略!(後編)〜合歡尖山〜

台湾登山

合歡山について

花蓮県と南投県の県境に位置し、台湾中央山脈で登山客から絶大な人気があり、登山好きな人は一度は訪れたことがあるという山が今回ご紹介する合歓山(はぁ ふぁん さん)です。
合歓山は7つの峰からなる山で、もっとも標高が高い合歓主峰(3,417 m)を中心に合歓山北峰(3,422 m)、合歓山東峰(3,421 m)、合歓山西峰(3,145 m)、石門山(3,237 m)、石門北峰(3,278 m)、合歓尖山(3,217 m)が連なっております。

標高だけみると3000m越えの峰ばかりでかなり難易度が高い山なのではないか!と感じてしまいますが、標高約3200mまで車で移動することができ、駐車場やトイレも完備されているだけでなく、合歓山はどの峰の登山道もしっかりと整備されており、登山初心者でもスイスイ進むことができるコースです。

後編は標高3,217 m合歓突山の全長400mのお気軽登山コースに挑戦した記録を書きます。

合歓突山登山口

台湾登山

合歡突山の登山口に行くにはまず合歡山遊客中心のそばにある駐車場まで車で移動をしそこから道路沿いに500mほど歩くと登山口に到着します。
この登山口は標高3158m地点にあり山頂の3217mまでは実質59mの高さ(登山道は全長400m)を登るだけで頂上に到着することができるため、この登山口から頂上を目視で確認することができます。

合歓突山登山コース

台湾登山
台湾登山
台湾登山

合歓突山登山コースは勾配こそ急ですが道は木製の階段や手すりが設置されており、凹凸もなく初心者や子連れの方でも安心して歩くことができます。
またコースの周りには景色を遮る高い木などもない為常に360度パノラマビューを楽しめます。

私が訪れた日はまさに登山日和で、雲もなく風もなくとても清々しいコンディションでした。

山頂

台湾登山
台湾登山
台湾登山

登山口からのんびり歩いて約30分で山頂に到着しました。このコースには難所という難所はなく、正直にいうと登山というよりかは山道を散歩した程度のお気軽登山という感覚です。
標高3217mにある山頂はゴツゴツした岩肌の地面に石碑が建てられており、この岩の上に座り山頂からの景色を眺めるながらお弁当を食べるというのが合歓突山登山コースの定番となっております。ちなみに私は肉まんをここで食べましたw

合歓突山アクセス情報

合歓突山登山口(Google Map)https://goo.gl/maps/secZ4NRP6zibfgkc8
アクセス花蓮市もしくは台中市から車で移動。
備考入山申請や入園申請は必要なし。
タイトルとURLをコピーしました