台湾での電話、Wifiの使い方

台湾国際電話

電話のかけ方

台湾→日本

台湾から日本へ国際電話をかける場合は以下の手順で番号を入力します。

国際識別番号 002 

日本の国番号 81

市外局番と携帯電話の最初の0を除いた番号

相手先の電話番号

例)080-1234-5678にかける場合
002 81 80 12345678

台湾→台湾

【台湾国内通話】
市内へかける場合は市外局番は不要。市外へかける場合は市外局番からダイヤルする。

【公衆電話のかけ方】
1.受話器を持ち上げる。
2.硬貨もしくはテレホンカード、悠遊カードをカードに示された矢印の方向に入れる。(公衆電話機種によっては硬貨しか使えないものがあります。)
3.相手先の電話番号を入力する。
4.通話が終わったら、受話器を置き、カードを取る。

Wifiについて

台湾には公共のフリーWifiを利用することができ、またカフェやレストランでもフリーWifiを利用できる場所があります。
ここではいくつかのフリーWifiをご紹介したいと思います。

Taipei Free(台北無料公衆無線LAN)

Taipei Freeの登録は、PINコードという認証コードを台湾で使用している携帯電話から受けとります。登録すれば、地下鉄の駅、地下街、公園、夜市、住宅街など4500ヵ所以上の公共スペースでWi-Fiに接続することが出来ます。
台湾の携帯番号が必要になるため、日本からは登録できませんが、国際空港内にあるインフォメーションセンター(旅遊服務中心_にて登録手続きをすることが可能です。入国した際に時間に余裕がある場合は登録しておきましょう。

iTaiwan

iTaiwanというサービスは外国人が気軽に街中で使えるWi-Fiです。

登録申請を済ませると台湾の各都市にある公共の郵便局や図書館などでWi-Fiが使えます。馬祖や金門島といった離島まで網羅していて、2万カ所で利用可能。ただし通信速度は非常に遅く、普段の通信速度に慣れていると少しイライラしてしまうかもしれません。

iTaiwanも国際空港内にあるインフォメーションセンターにて登録が可能です。
短期旅行の方はこちらのiTaiwanの登録をお勧めいたします。

セブンイレブンの無料Wifi

台湾国内のコンビニの7-11(セブンイレブン)で1回20分、1日3回まで無料Wi-Fi利用可能となっております。
登録画面が中国語なので、中国語が出来ないと登録が難しそうに見えますが、順を追って行けば登録出来ます。

カフェの無料Wifi

台湾の多くのカフェでは無料Wifiが利用可能です。
その中でも丹堤咖啡(Dante coffee)と伯朗咖啡館(Mr. Brown Café)は台湾国内に店舗数も多く街中で困った時に便利です。

各店舗、店員さんにパスワード聞く必要があるので、何か商品を注文してパスワードを教えてもらいましょう。

Mr. Brown Café
Dante coffee
タイトルとURLをコピーしました